雑誌・書籍掲載

年月日雑誌名・書籍名記事名
2019.10防災グッズ完全ガイド~2020保存版~ (晋遊舎)災害対策のプロに聞いたサバイバル術
(P108 引っ越しや土地の購入時に役立つ、地盤が強い3つの条件、他)
2019.9国づくりと研修 vol.142建設業界の働き方改革の実現に向けて
2019.9LDK 10月号いま知らないと怖い、防災の新しい話 (地盤が強い土地について)
2019.9月刊建設  Vol.63  9月品確法による公共事業改革~技術者魂を取り戻す道筋~
2019.9しまたて協会だより 2019年7月号(一般財団法人 沖縄しまたて協会)令和元年度定時総会 新任役員の紹介
2019.7月刊建設 Vol.63  7月世界銀行の調達方式
2019.3区画整理士会報No.197差し迫る災害リスクにどう対処する
2019.3月刊建設 Vol.63 3月設計者は技術で選ぶという米国のQBS
2019.2建設マネジメント技術2月号巻頭言取り戻そう、技術結集の取り組み
2019.1.31都市住宅学会「都市住宅学」104号 世界に例を見ないわが国の建設コンサルタント調達方式
2019.1月刊建設 Vol.63 1月国内外の建設コンサルタント調達方式
2018.11月刊建設 Vol.62 11月わが国と異なるアメリカの競争入札
2018.9月刊建設 Vol.62 9月世界をリードするイギリスの公共調達の変遷
2018.8.6土木施工 8月号
Vol.59
巻頭言 知的生産のための競争環境の創造をめざして
2018.7.7週間東洋経済道路工事で相次ぐ談合 舗装業界懲りない構造
2018.7月刊建設 Vol.62 7月わが国が見習ったフランスの入札契約制度の変遷
2018.5月刊建設 Vol.62 5月かつてわが国が見習ったイタリアの入札契約制度
2018.3 月刊建設 Vol.62 3月世界の常識からかけ離れている我が国の入札契約制度
2018.2.26日経コンストラクション
特集「リニア談合、悪いのは誰か」
受注調整なら悪くない?
2017.9.4iRONNA 
※これは、5月に東京で開催された国際会議を受け
作成した原稿であり、北朝鮮のことは触れていない。
また、北朝鮮核実験は威力が数百キロトンの可能性があるとの分析もあり、
今回の北朝鮮核実験が広島原爆レベルと誤解されてはいけない。
以上の事から、「この記事は5月に東京で開催された国際会議を受けて
6月に作成された原稿を、タイトルを変え9月に掲載したものです」
というような注釈をつけていただきたい旨、
(株)産経デジタiRONNA編集部に要請をしたところである。
北朝鮮核より怖い隕石衝突、直径10メートルでも破壊力は原爆1千倍
2017.7.1土木技術資料 第59巻、第7号技術結集の意識改革を
2017.2土木学会誌 2月号海外事業の未来を決める勝てるプロジェクトマネジメント
2017.1.7日本大学広報 第704号人と社会と未来を守る
2016.11.14日経コンストラクション
特集 生産性協奏曲
市場が価格を決める
2016.9建設マネジメント技術9月号
発注者の役割からみた公共事業執行システム改革の道筋
2016.9建設マネジメント技術9月号 巻頭言取り戻そう技術者魂
2016.8.25JACIC情報114 巻頭言CIMに期待する
2015・10建設マネジメント技術10月号 巻頭言建設技術者・技能者に十分な対価を
2015.7桜門春秋 7月号地域防災の取り組み
2015.2月刊建設 巻頭言予定価格制度の見直しに向けて
2014.10建設マネジメント技術 10月号 巻頭言老朽化時代に求められる戦略的インフラマネジメント
2014.2.1都市問題入札契約制度の変遷と今日的課題-談合に代わるもの
2013.11.1道路建設海外における入札契約方式の動向
2013.11.1道路建設入札契約制度の課題と今後進むべき方向
2013.8.5建設業しんこう入札契約制度の現状と今後の展望
2013.7.26JACIC情報108号公共事業執行システムの将来像
2013.6都市問題vol.104公共事業と地域社会・特集2・公共事業執行システム改革の道筋-日本再生に向けて
2013.1道路建設No.736日本再生に向けて新たな成長モデルの構築を
2012.12JICE REPORT国土政策研究所講演会 公共調達研究
2012.10大ダム環境委員会報告
2012.7月刊建設2012 VOL.56 巻頭言
2012.7.9JACIC情報106号建設CALS整備基本構想から15年
2012.5The 8th International Symposium Social Management SystemsComparative Study on Contractor Evaluation Procedures
2012.3平成24年自然災害フォーラム2011年タイ大洪水の発生要因
2011.12建設マネジメント技術巻頭言
2011.10大ダムNo.217環境委員会報告
2011.6愛媛大学研究室からこんにちは防災情報研究センター木下誠也教授